洋楽ロックのおすすめをお届け!洋楽ロッキュレーション

イギリスのバンド-おすすめランキング

time 2015/06/08

イギリスのバンド-おすすめランキング

イギリスのバンドのオススメランキングです。
イギリスにはどんなバンドがいるのか知りたい!という入門向けの方におすすめのまとめになっています。
Youtube動画もサクサク動きますので、是非お聴きくださいね。

The Beatlesなどのレジェンドはあえて除いて、
90年代以降から近年に絞った形での、ランキング形式でご紹介です。


No.1  Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)

10代でデビューし、全英チャート1位を獲得し、イギリスに衝撃を与えたスーパー・バンド。

現在は深みのある「大人なロックンロールバンド」へと成長し、イギリスを代表するバンドになっています。

数々の最年少記録を塗り替えるきっかけにもなった、デビュー曲をご紹介。

Arctic Monkeys をもっと聴きたいなら

Arctic Monkeys 「I Bet You Look Good On The Dancefloor(アイ・ベット・ユー・ルック・グッド・オン・ザ・ダンスフロア)」

Arctic Monkeys – I Bet You Look Good On The Dance Floor (2005)

No.2 oasis(オアシス)

全世界で7000万枚以上を売り上げているイギリスの国民的バンド。

兄のノエルと弟のリアムが中心のバンドで、その絶えない兄弟喧嘩がメディアによく取り上げられていました。

解散してしまっている分、No.2にしていますが、色褪せない名曲の数々は是非聴いていただきたいです。

oasisをもっと聴きたいなら

Oasis「lyla(ライラ)」

Oasis – Lyla

No.3 The Strokes(ストロークス)

ロックンロール・リバイバルの旗手として有名な彼ら。

それまでの作りこみの音楽が台頭していたイギリスで、60年代のようにシンプルなロックンロールで勝負し、大成功を収めました。

しかし、実はアメリカ出身です(笑)

最初に紹介したArctic Monkeysも彼らからの影響を公言していますね。

ストロークスのおすすめアルバムは?全アルバムをランキング!

The Strokes「Reptilia(レプティリア)」

The Strokes – Reptilia

No.4  Blur(ブラー)

イギリスのロックシーンをオアシスと引っ張ってきたバンドがブラーです。

日本ではオアシスの方がよく知られていますが、イギリスでは同等の人気を誇っています。

フロントマンのデーモンが作曲の中心となっており、彼の成長と共にアルバム毎に違う雰囲気を聴くことができます。

GoogleのCMでも使われていた、キャッチーな曲をご紹介。ついウーフーッ!って叫びたくなります。

Blur「Song 2(ソング・ツー)」

Blur – Song 2 (HD Official Video)

No.5 The Libertines(ザ・リバティーンズ)

The Strokesのロックンロール・リバイバルの波を受けて登場したバンド。

たった2枚のアルバムをリリースして解散となりましたが、全英チャート1位を獲得するなどファンの多いバンドです。

再結成をしたようですが、ドラッグ問題などが大変なようなので、長い目で期待しましょう。

The Libertines「Don`t Look Back Into The Sun(ドント・ルック・バック・イン・トゥ・ザ・サン)

The Libertines – Don’t Look Back Into The Sun

いかがでしたでしょうか。

アメリカと並ぶ、ロック大国のイギリスだけあって、ピックアップするのが難しい!

しかし、どこかにイギリスらしさを残しながら、日本人でもすんなり聴けるキャッチーさが非常に良いですよね。

以上、イギリスのバンド-おすすめランキングでした。

【次のおすすめ記事】
意外なロック大国!?カナダ出身のロックバンドまとめ

down

コメントする




follow us in feedly

フォローする

公式Twitterアカウント

公式Twitterアカウント

更新情報などをつぶやいています。フォローお願いします。