洋楽ロックのおすすめをお届け!洋楽ロッキュレーション

【動画&解説】レッチリのおすすめアルバムは?全アルバムをランキング!

time 2015/09/21

【動画&解説】レッチリのおすすめアルバムは?全アルバムをランキング!

Red Hot Chili Peppers(レッドホットチリペッパーズ/レッチリ)は1983年にアメリカで結成され、2012年にロックの殿堂入りを果たしたファンク・ミクスチャーロックバンドです。

「史上最も才能豊かなロックベーシストの一人」と評されるフリーや、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にも選ばれたジョン・フルシアンテを擁し、高い演奏能力も大きな魅力となっています。

これまでに10枚のアルバムをリリースしており、その中で音楽性も変化しているため、どれから聴くべきか非常に迷うところ。

そこで、これからレッチリを聴こうと思っている方が、どのアルバムから聴くと良いか参考にしてもらうためのおすすめランキングとしてまとめました。

レッチリのおすすめ楽曲まとめはこちら


No.1 Californication(カリフォルニケイション)

1999年にリリースされた、レッチリの7thアルバムです。

このアルバムから音もクリアになり、初めての方も聴きやすくなったと思います。

これまでのハードなサウンドと、本作以降を象徴するメロディアスなサウンドが絶妙に融合した作品です。

このアルバムを聴けば、「レッチリってこんなバンドね」と推し量ることができると思います。

Scar Tissueではグラミー賞を獲得、1曲目のAround The Worldは映画「BECK」のオープニングテーマとなったので、聴いたことある方も多いかも?

代表曲: Around The World(アラウンドザワールド)

Red Hot Chili Peppers – Around The World [Official Music Video]

No.2 I’m With You(アイムウィズユー)

2011年にリリースされた、レッチリの最新作にして10thアルバムです。

ハードでファンクなサウンドは控えめで、どちらかというとメロディアスでポップなアルバムですね。

アルバムとしての完成度の高さ、レッチリの現在を知るという意味では早めに手に取って欲しいアルバムです。

このアルバムからのシングル「The Adventures of Rain Dance Maggie」を引っさげてMステに登場したのも記憶に新しいです。

代表曲: Monarchy Of Roses(モナーキーオブローゼズ)

Red Hot Chili Peppers – Monarchy of Roses [Official Music Video]

No.3 Mother’s Milk(マザーズミルク)

1989年にリリースされたレッチリの4thアルバムです。

レッチリのファンクサウンドのアルバムとしては完成度No.1のアルバムだと思います。

この作品で、初めてジョンフルシアンテがレッチリに参加。ジョンとフリーが激しく掛け合い、切り裂くようなサウンドは聴きごたえ十分です。

スティービーワンダーのカバー曲である「Higher Ground」やジミヘンドリクスのカバー曲である「Fire」など、オリジナル楽曲以外も収録されています。

代表曲: Higher Ground(ハイヤーグラウンド)

Red Hot Chili Peppers Higher Ground Official Video

No.4 By The Way(バイザウェイ)

2002年にリリースされたレッチリの8thアルバムです。

ファンクとメロディアスが融合された前作から、よりメロディアス寄りなサウンドとなった作品です。

ジョンのギターサウンドがフィーチャーされる一方、Can’t Stopなどアンソニーのラップセンスが光る楽曲もあり、レッチリの魅力が詰まった作品と言えます。

代表曲: By The Way(バイザウェイ)

Red Hot Chili Peppers – By The Way [Official Music Video]

No.5 Stadium Arcadium(ステイディアムアーケイディアム)

2006年にリリースされた、レッチリの9thアルバムです。

JupiterとMarsという2枚組のアルバムとなっており、レッチリが初めて全米チャート1位を獲得しました。

映画デスノートの主題歌となった、「Dani California」や「Snow ((Hey Oh))」が収録されているため、日本でも馴染みがあるアルバムかもしれません。

良い曲が出来すぎてしまったために2枚組となった逸話通り、クオリティの高い楽曲が並びます。

ただ曲数が多くてお腹いっぱいになりすぎてしまうという贅沢な悩みに直面するでしょう。

代表曲: Dani California(ダニーカリフォルニア)

Red Hot Chili Peppers – Dani California [Official Music Video]

No.6 Blood Sugar Sex Magik(ブラッドシュガーセックスマジック)

1991年にリリースされたレッチリの5thアルバムです。

現在のレッチリの象徴でもある、アンソニーの伸びやかなボーカルが際立ち始めたのがこの作品から。

名曲揃いというわけではないですが、グラミー賞を獲得した「Give It Away」やローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100に選ばれた「Under The Bridge」など、粒ぞろいのアルバムです。

この「Under The Bridge」のスマッシュヒットから、メロディアスなサウンドにじょじょに傾倒していったように思います。

代表曲: Under The Bridge(アンダーザブリッジ)

Red Hot Chili Peppers – Under The Bridge (Official Music Video)

No.7 One Hot Minute(ワンホットミニット)

1995年にリリースされた、レッチリの6thアルバムです。

レッチリを象徴するギタリストであるジョンが脱退し、本作のみ新ギタリストのナヴァロが加入しています。

それまでのファンクなサウンドから、よりロックを意識したアルバムとなっています。

他のアルバムと比較すると、これといって突出した曲があまりない印象です。

ただ、レッチリファンならおさえておくべきアルバムですね。

代表曲: Aeroplane(エアロプレイン)

Red Hot Chili Peppers – Aeroplane [Official Music Video]

No.8 The Uplift Mofo Party Plan(ジ・アップリフト・モフォ・パーティ・プラン)

1987年にリリースされた、レッチリの3rdアルバムです。

伝説の初代ギタリストであるヒレル・スロヴァクが、薬物中毒で亡くなる前の最後の作品です。

ファンクを追及した過去2作品から、よりヒットを意識してロックな要素を取り入れています。

ただ、このアルバムを含めた1st~3rdアルバムは、現在のレッチリからはかけ離れたとも言えるアルバムなので、聴くべき優先順位は低いと言えるでしょう。

しかし、このアルバムはある種次作「Mother’s Milk」に繋がるとも言えるアルバムなので、根強いファンは多いですね。

代表曲: Fight Like a Brave(ファイトライクアブレイブ)

Red Hot Chili Peppers – Fight Like A Brave

No.9 Freaky Styley(フリーキースタイリー)

1985年にリリースされた、レッチリの2ndアルバムです。

アンソニーのラップスタイルとファンクなサウンドが型作られたアルバムで、当時は白人音楽と黒人音楽を融合させたとして新鮮なサウンドと紹介されていたようです。

決して聴きやすいアルバムではありませんが、レッチリらしいかっこいいサウンドは随所に光りますね。

代表曲: Jungle Man(ジャングルマン)

Jungle Man by Red Hot Chili Peppers

No.10 Red Hot Chili Peppers(レッドホットチリペッパーズ)

1984年にリリースされた、レッチリのデビューアルバムです。

すでにベースを強調したサウンドスタイルや、上半身裸のパフォーマンスなど今も変わらないレッチリの原型がありますね。

楽曲のクオリティは決して高くなく、サウンド自体も荒いですが、記念すべきデビューアルバムとして聴いてみても良いかもしれません。

代表曲: True Men Don’t Kill Coyotes(トゥルーメンドントキルコヨーテ)

Red Hot Chili Peppers – True Men Don’t Kill Coyotes (HD)

いかがでしたでしょうか。

以下、ランキングのまとめです。

おすすめ順リリースアルバム名
No.17thアルバムCalifornication
No.210thアルバムI'm With you
No.34thアルバムMother’s Milk
No.48thアルバムBy The Way
No.59thアルバムStadium Arcadium
No.65thアルバムBlood Sugar Sex Magik
No.76thアルバムOne Hot Minute
No.83rdアルバムThe Uplift Mofo Party Plan
No.92ndアルバムFreaky Styley
No.101stアルバムRed Hot Chili Peppers

世界最高のミクスチャーロックバンドとして、世界中に熱いファンを抱えるレッチリ。

ロックの殿堂入りもしましたし、生ける伝説として今後の作品にも強く期待ですね!

以上、レッチリのおすすめアルバムは?全アルバムをランキング!でした。

【次のおすすめ記事】
【HIPHOP×ROCK!】ラップがかっこいい洋楽ロックバンドまとめ

down

コメントする




follow us in feedly

フォローする

公式Twitterアカウント

公式Twitterアカウント

更新情報などをつぶやいています。フォローお願いします。